2017年07月28日

【退場】審判だって熱くなる!?侮辱という線引きが難しい

714697F5-EEF2-4792-A978-8FAF79E42E34.jpg

MLBの試合にて、選手や監督を退場させまくるという騒動が発生。

どのスポーツも審判は神

あらかじめプロの選手達なら誰もが知っている【退場ワード】というものが存在するのだが、主審は選手や監督コーチに対して、言葉以外でも自分が侮辱されたと感じれば即座に退場を言い渡すことができる。
その退場処分というジャッジは、日本のプロ野球よりも遥かにメジャーリーグの方が厳しい。
ちょっとした暴言での退場は当たり前、審判のジャッジに対してではなく、自分に腹を立ててヘルメットを投げたとしても退場になるケースがある。現ソフトバンクでプレーする川崎選手もそのひとりだ。
イチロー選手だって、ストライクをコールされて三振になった打席で、球筋をバットでなぞっただけで侮辱行為として退場処分を喰らっている。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9879867711964498"
data-ad-slot="7251277761"
data-ad-format="auto">

日本のプロ野球では、選手や監督コーチ陣に言い寄られて、焦った顔をする審判団を目にすることがあるが、メジャーの審判は全く動じない。というか逆に殴りかかってきそうなくらいの威圧を放っていたりするから驚きだ。

野球だけではなく、どのスポーツも【審判は神様】ということだろう。





記事:聖闘士
「スポンサーリンク」
posted by HOUSE POST51 at 09:25 | Comment(0) | 記事:聖闘士(セイント) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く

コメント: [必須入力]